読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のダメお嬢と呼ばれて

地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。

【mixiより】1(シンガポール) カエルの話。

※2006年05月09日に書いた文章です。

 

カエルが世界で一番苦手だ。

雨の日に小学校に行く時、必ず道にうわ~っとカエルが出てきていた。
とても気をつけて歩くんだけど彼らは自由に跳ね回る。
ある日、馬鹿ガエルに足に跳びつかれて、幼い私は家の前で絶叫した。
それ以来、この世から絶滅すればいいのに、と本気で願っている。

2年前に、「世界青年の船」という事業に参加した。
1か月半かけて船で世界を船で周る、内閣府主催事業
もともとピースボートに乗ろうと思っていて、その手始めとして参加。
http://www8.cao.go.jp/youth/kouryu/h15/swy/swy-main.html
その年はシンガポール、インド、タンザニアセイシェル諸島だった。

外国人2人との3人部屋で一人になれる場所はトイレのみ。
若干あいのりチックな雰囲気も帯びてて居心地悪い。
最年少の19歳で参加し、はちゃめちゃな日本人達も多く、
あと1週間で帰国という時にシンガポールに着いた際には
かなり疲れていた。

シンガポールは給油地だったから2度目の来航。
よし、東京にいたときのような時間を過ごそう。
「私一人でまわるわー」
グループメンバーに言い残し、一人で電車に乗った。

メインストリートに出て映画館を探し、とりあえず一番早い映画を観る。
同じショッピングモールで日本より2割ほど安いネイルカラー購入。
服もちょっと見る。
ちょっと気分がノってきて、自然と顔がほころぶ。

よし、あとはお洒落ランチを残すのみ。

意気込んで探すけれどもなかなかない。そのうち結構歩いて疲れてきた。
そんな中、白と黒を基調にしたお洒落クサイお店を発見。若者もいる。
間違いないな。迷わず入った。


メニューをもらう。
そして絶句。

 


frog●●, frog●●, frog●●・・・・・



カエル専門店だった。


でも、なんだかもう、疲れ果てお腹もすいていたし、今さら店を出る勇気もない。

平然を装いつつ一番辛くないカエル雑炊を注文し、
キャピキャピはしゃぐ若者軍団を尻目に、
運ばれてきたスープ皿の中を覗き込む。
甘辛ソースにまみれて白いお肉が見える。
あぁ、カエルの足だ。
1本、2本、3本・・・・なるほど、1匹分ね。

これが、シンガポール流お洒落ランチなんじゃい。
覚悟を決めて一口食べると、普通においしかった。でもカエル。
次はご飯に絡めてみる。うん、おいしい。でもカエル。

全部食べ切り、店を出た。
なんだか、気持ち悪いような、すがすがしいような、変な気分。
お会計のときに貰ったポイントカードを握り締めながら、
また一人、電車で港へ戻った。

その日から横浜帰港までの1週間、
私にはfrog girlというあだ名がつけられた。