読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のダメお嬢と呼ばれて

地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。

【地域ルポ】13(徳島県上勝町) いろどりに魅せられて②

・・・一睡も、できなかった。

 

いや決して、川の音が原因ではない。

大自然に囲まれて、ひとりで、広い部屋にいたら、

「来月いったん仕事を辞めて完全に宙ぶらりんになる三十路女」である自身に対し、とめどない不安とワクワクのループに入ってしまったのである。

 

「おはようございます」

 

宿のスタッフと挨拶を交わしながら、勝浦川ほとりへ向かう。(素敵な遊歩道があります)

 f:id:iwamuraakiko:20161206021249j:image

 

間近の勝浦川が更に音を増し、私を包みこんでゆく。

 

圧倒的な自然・・・・の中にいる、ちっぽけなわたし。

 

そうそう、この感じ。

 

かつて死ぬほど嫌だった、自然に包まれる感覚。

 

でも今はなんだか癒されている・・・

年齢の妙なのだろうか・・・

 

時間になったので、宿に戻り、いよいよ視察が始まった。

 

まずは、いろどりスタッフの方からの事業説明。

きっと私より若い、大阪から移住したという男性と、かなり広い会議室で、二人きり。約1時間、みっちりといろどりの説明をしてくれた。

 

”つまもの”(日本料理に添えられている紅葉などの葉っぱ)はもともと弟子たちが山へ取りに行くもので、買うものではなかった。 JA職員だったいろどり代表の横石氏は、そこに目をつけた。

 

斜陽だったみかん産業に変わる新しい産業・・・上勝町にあるもの・・・葉っぱ?葉っぱをビジネスにできないか・・・・?

 

もう、この発想がシビれる。クリエイティブ!

 

そして、「上勝情報ネットワーク」というシステムを構築した。(徳島市内のシステム業者に依頼したとのこと)

 

葉っぱの注文が入る→個人がそれぞれの端末(PC、タブレット)から受注→受注者は午後までにJAへ葉っぱを納品→即日出荷される

 

という流れ。

 

システムを通じた情報発信をいろどりが、

受発注の取りまとめや出荷業務をJAが行っている。

 

中には、年収1000万円を稼ぐおばあちゃんもいるとのこと!すごい。。。

 

 

後半は、質疑の時間だった。

 

●おばちゃん同士がライバルになって、空気悪くなったりしないんですか?

「いえ、葉っぱの種類である程度住み分けが出来ているので、取り合う、みたいな感じはあまりないです」

 

●最初のネット環境や端末などのインフラ代はどこが?おばあちゃん達に普及させるの大変ではなかったです?

「最初は国の補助金を使ったりNTTに協力いただきました。今はおばあちゃんたちも使いこなしていますよ。」

 

●これだけ有名になると、変な視察の人きません?笑

「厳しい質問される方も時折いますが、みなさん熱心に視察されていきますよ」

 

etc...

 

にこやかに答えて下さるスタッフさんに甘え、聞きたい事をそのまま聞いてしまった。

 

「では次に、実際に観に行きましょうか」

 

今度はおじ様スタッフに代わって、現場に連れて行ってくれるという。

朝のしんみりが嘘のように、もう、なんだかワクワクしっぱなし。