田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【地域ルポ】15 (山梨県甲府市)いい街には、いいスナックがある

やはりここにしよう、と意を決してドアを開ける。

 

「あら、いらっしゃい」

 

白髪混じりの細身ママの向かいで、おじ様が気持ちよさそうに歌っていた。隣には華やかなおば様。

 

「ビール下さい」と私。

ハイボールできますか?」と友人。

 

「ママ、こんなに若い人が来たのなんて初めてじゃないの??」と歌い終えたおじ様が笑っている。

とりあえず、一安心だ。

 

仕事関連で知った「甲府ぐるめ横丁」。

一度どんな感じか見たくて、旅好きな友人を誘って甲府行きを決めた。

 

鴨と自然派ワイン→鹿と山梨ワインでふつふつと上がるテンション。

f:id:iwamuraakiko:20170219172735j:image

締めはやっぱりスナックだろう!と盛り上がったはいいものの、女2人で行けるスナック選びはなかなかの難題。

 

寒空の下を結構歩いてしまった結果、ぐるめ横丁に戻って「サザン」というスナックに決めたのだった。

 

竹内まりや  「駅」

久保田早紀 「異邦人」

森高千里 「気分爽快」

石川ひとみ 「まちぶせ」

 

etc...

 

私達が歌う合間に、秋元順子や、木枯らし紋次郎が挟まる。

 

「ゲストハウスってなに?」に私達が答え、

「明日どこ行ったらいいですかねー?」に皆が情報をくれる。

 

恵林寺はキレイよ。

不老園の梅がちょうど見頃じゃない?

県立美術館にはミレーが置いてあるんだ。

身曾岐神社は歌手のゆずで有名よね?

車があれば、西湖が静かで俺は好きっす。

小作でほうとう食べて帰ってねぇ!

 

途中、常連の先生やデロ酔いしたおじ様二人組も参加して、カウンター満席。

閉店の12時を目の前にして店内は大盛り上がりだ。

 

恋人も濡れる街角」を気持ちよく歌い終えたおじ様にママが声をかけた。

 

「悩ましいねぇ〜」

 

なんて上品なリアクション!

声枯れてる系も良いけれど、サザンのママは、どことなく品が漂う系。

 

なんだか感動しながら、そろそろ行きますとお会計をお願いする。

 

すると、「もう?じゃこれ持って行って!」とママが手作りのサータアンダギーをくれた。

もらった袋がなぜかパリスヒルトンで、友人と爆笑。

f:id:iwamuraakiko:20170219175208j:image

 

「山梨にこんな若い人が旅行に来てくれるなんて本当に嬉しい!楽しんでいって!」

 

常連のおじ様と固い握手を交わして、お店を後にしました。

 

いやー、アツイ夜だった。

 

「とりあえずミレーは観よう。それ以外は朝の気分で決めるで、いいよね?」

 

ゲストハウスへ戻り、そこだけ合わせて就寝。

さぁ、明日も楽しくなるぞ。

 

甲府ぐるめ横丁

http://www.kofu-food.com/