読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のダメお嬢と呼ばれて

地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。

【小話】29 久々に遭遇!キラキラ君

平日の17時、渋谷ヒカリエのカフェで、ぼけーっとジンジャーエールを飲んでいる。

 

後ろに座るのは、学生らしき二人組。

 

「世界を良くしたいんだ」
爽やかな男子学生が語っている。

 

「将来的に自分の納得できるところまでは上がっていきたいですよね」
地味めな後輩女子が返す。

 

ただ夢を語るのではなく、きっちり具体例を挙げる二人の会話を盗み聞きしながら、本当に今の子はみんな優秀だなーと感心していた。

 

途中から、俺、俺、と一人称が多くなってる男子学生に、ふ、可愛いなぁ・・・と思いつつ読書に戻り、しばらくした頃。

 

 

「お待たせっ☆」

その男子学生が突然私の前に現れたのだ。

 

えっ!?

 

「あっ!ごめんなさい!席間違っちゃいました!^_^」

 

特に恥ずかしがることもなく、キラキラと後ろの席に戻る彼。

 

「ゴメンね、通り過ぎちゃった、笑」

と、後輩女子への配慮も忘れない。

 

 


あ!これアレだ、キラキラ君だ!

 

久々に見たー!

 


カッコよくて、性格も良くて、優しくて、周りに愛されてすくすく生きている男子


=キラキラ君


たまーに会うので、縁起物みたいに思っている。


そうか、だから一人称多くても"可愛い"と思えたのか。

 


その後も、「オレ、話を盛っちゃうところあるんだよね」と後輩女子に素直に言い、
「手伝いたいんですけどどうしたら良いですか?」とグラス割ったスタッフさんに言うキラキラ君。
(適度なトラブルを呼ぶのもキラキラ君。キラキラを発揮できるステージを自ら整えてしまうのである。)

 


久々に会えて、なんか嬉しくなりました。

 


昔、人事部で新卒採用してた女友達が教えてくれたこの人種。

 


対面すると眩しすぎてなんかモゾモゾするので、第三者的に会えたことに感謝。

 


いやー、ご利益ありそう。