田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【地域ルポ】22(鳥取県)幽霊さん、あの時はごめんよ

f:id:iwamuraakiko:20170512203337j:image

昔から、ココなんかやだな、くらいのごくごく弱~い霊感?はあって、そう言えば、鳥取はリアルにそれに出会ったところだ。

 

イベント屋時代に一度、出張で来たとき。予算管理もしてたので少しでも利益残すべくめーっちゃ安いホテルを探した。

 

北口を出て15分くらい歩いた、水路沿いのかなり古いホテル。
ソファが赤いベルベット、みたいな感じのクオリティ。


わー、なんかやだなー。


部屋に入った途端そう思ったのだけど、とりあえずご飯食べに出て戻り、ベッドでゴロゴロしてたら、物音がする。

 

カチッパチッ

 

みたいな、小うるさい感じの。
まさに、やだな~こわいな~である。

 

その後、youtube見てたら時々画面が止まり始めた。

 

まじかー・・・やっぱいるやん。

 

明日も朝早くから高校の先生に営業しに行くのだよ私は。ちゃんと寝ないといかんのだよ、ユーレイさんよぉ。

 

頼むわ、という思いで再度動き始めた画面を観ていたのだけど、しばらくしたら、アプリごとプツッと落ちた。

 

「もー、やめてよー!」

 

その瞬間、怖さとイライラが結構マックスだった私は、声に出してしまった。


すると、そのあとパッタリとなくなったのだ。


あれは完全にいた、と思う。

そしてすぐ、霊をも制した自分に自己嫌悪に陥った。


翌日は結局、担当イベントへのエントリーを獲得できずに帰る羽目になった。先生に受け取ってもらえなかった東京ばななの重さを手に感じながら、砂丘を横目にサヨウナラ。

そのまま次の営業先の島根へ移動したのだった。

 

鳥取は、私にとって、そんな土地なのである。

なので、素敵な思い出を上塗りして帰る、が今回の目標です。