田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

小話70 ちいさーくやってる実験の話

数年前から、お店やサービスに対し「苦情は言わない」ことにしている。一見素敵スタンスのようだが、「そのダメさに気付かずに淘汰されればよい……」というドライを極めた発想である。

 

その代わりに、良い商品やサービスに対してはできる限り「感謝を伝える」ことにしている。一時期タクシー三昧だった時はエコーカードをよく書いていたし、何かが美味しければ極力伝えるし、HIS新宿店のスタッフがあまりに素晴らしい対応で、本社宛にメールを書いたこともある。


「世の中はポジティブで引っ張れるのか?」


それを、個人的に、ちいさーく実験しています。


結果は10年後くらいに書けたらいいなと思います。