田舎のダメお嬢と呼ばれて

ライター/フォトグラファー ★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

小話81 この世に"性格の良いブス"はいない

過去に指導した学生アルバイトや新人(サンプル80人足らず)の話なので聞き流してもらって良いのですが、男女問わず、"性格の良いブス"っていないと思っています。

 

"美人やイケメンは性格が悪い"なんて大ウソ。それを理由にイジメられたりしていなければ、やはりブスの方が圧倒的に性格は曲がっているな、というのが実感値としてあるのです。

 

それは、「注意をした時」に如実に表れます。

 

ビジュアルの良い子は、注意した時にちゃんと聞くことができる。注意をそのまま受け入れるか、一旦受け止めた上で反論してきます。

 

でもブスは、秒速で自分を守ろうとする。「でも」とか「やろうと思ってました」とか、損でしかない言葉を発しながら、必死に抵抗する子が多いです。

 

その理由は、「肯定されてきたか否か」ではないかなと思っていて。

 

ビジュアルってのは手っ取り早く承認欲求を満たしてもらえるものだから、幼少期にここをしっかり満たされてきた否かって、大事なのではないでしょうか。

 

私も肥満児ブスだったので、その気持ちが痛いほどわかるのです。

 

ブスは他者からの"承認"より"否定"をたくさん受けて育ちます。だからこそ、ナチュラルに自分を守ろうとしちゃう。代わりに他の分野で頑張ってみたり(プライドだけ高くなる)、殻に閉じこもったり(コミュ障気味になる)、何だかんだでこじらせて成長してしまう。

 

女性だと、海外でオリエンタルビューティを見出されて調子に乗ったり(ハイ私ですね)、お化粧や愛嬌で克服できたりもするのですが、男性のブスは結構深刻。日本人男性は海外であまりモテませんし、お金でどうにかなる時代も過ぎたので、結構生きにくいのではないかと思います。

 

でも、ビジュアルなんて評価のひとつ。そこに拘泥する必要はないし、もしそこから影響を受けていたら調整すればいいだけの話なのです。

 

だからこそ、性格の悪いブスを預かった時には、「そんなスタンスのままじゃ、この先もっと生きにくくなるよ」というメッセージを伝えてきました(もちろん、あなたはブスだからとは言わない)。

 

ブスなことが悪い訳じゃなくて、それをどう受け止めるかだけの問題なのです。そこを軽やかに転換してるブスはこの世にたくさんいるのだから。





ブスな自分とうまく付き合うこと。それができたとき、あなたはもうブスじゃなくなるんだよ。#あきを (格言ぽい事言う時に現れます)