田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【小話】18 新しい場所に必要なのは、観察

小学生の時に読んだ本に、「新しい場では、とにかくまず観察せよ」的なことが書いてあった。

博打の世界で生きてきた著者の自伝だったかな?とても印象に残っている。

 

「相手に合わせるため」ではなく、「この場で自分を活かすため」としての観察。

言わば、攻めの観察。

その概念はとても衝撃的だった。

 

そしてこれまで、いろんな新しい場に臨むとき、私はあの本のオジサンを思い出してきた。

 

ひたすら黙って、博打の仕組みや勝ち方負け方を観察していた彼を思い、時に黙ることに失敗しながら(笑)観察を続け、居場所を作ってきた。

 

博打打ちの彼に少しは近づけたであろう、私の観察力がこれからどこまで通用するのか。

 

大変楽しみなのである。