田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【断食ルポ】2-12(兵庫県淡路島)11日ぶり。下界への旅

11日ぶりのコンタクト。

11日ぶりのお化粧。

11日ぶりに靴を履いて、外へ出た。

 

復食後にドクターの判断によって出される「神社」ワッペン。

f:id:iwamuraakiko:20170629175044j:image

驚愕のデザインはさておき、これが出されると丘の下の神社まで歩いて行っていい(施設外に出ていい)権利が発生する。

 

11日ぶりの長い歩行である。

ちゃんと歩けるだろうか・・・ドキドキ。

パラつく雨の中、お散歩スタート。

f:id:iwamuraakiko:20170629175104j:image最初は下り坂だ。

 f:id:iwamuraakiko:20170629175117j:imageいきなり沼が出てきてビビったり(溜池でした)

f:id:iwamuraakiko:20170629175145j:image

f:id:iwamuraakiko:20170629194845j:image

f:id:iwamuraakiko:20170629175218j:image 瑞々しい草花に感動したり

f:id:iwamuraakiko:20170629194919j:image

わー、つらくってんなー(つらくる=吊下げる、先日祖母より学んだ方言)なんて思ってるうちに、

 f:id:iwamuraakiko:20170629175241j:image

神社が現れた。

境内を木造の蔵が取り囲む。いい感じだ。

 

参拝を終えて、雨も強くなってきたので、しばしの休憩。

 f:id:iwamuraakiko:20170629175300j:image

誰もいない神社で、心穏やか・・・汗だくだく。

 

少し引いた汗は、帰り道の上り坂でまただくだくに。

 

「ドコマデデスカー??」

坂を登り終わると、同室の韓国人おばちゃまがいた。

「下の神社まで・・・汗が止まりません・・・」答えながら、二人で笑う。

 

韓国人おばちゃまは明日。

イビキもとい、時々イビキおばちゃまは明後日一緒に退所する。

 

なんだかお別れが寂しいのもまた、この施設あるある。

 ---------------------------------

http://www.fyu.jp/dojo/

●11日目
<体重>

ー2.6kg

<食事内容>

朝 パン/チーズ/野菜スープ/牛乳

昼 五分粥/野菜スープ/野菜・チキン・厚揚げのホイル焼き/キャベツの和え物

夜 五分粥/焼き野菜/温野菜/ミルク寒天(初のデザート)

合間に、水分1000㏄

<いま食べたい物>

なし

<理由>

満腹。11日目に初デザートって、甘党にはキツイかもなぁと気づく。