読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のダメお嬢と呼ばれて

地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。

【小話】8 地震の時の気持ち

※2011年03月21日、東日本大震災のあとに書いたものです。当時は6階に住んでいて、毎日余震に怯えていました。
現在、日々のニュースと両親からの連絡に、気持ちが揺れます。どうか被害が拡大しませんように。

_______

地震が起こって、一瞬で、日本がぐちゃぐちゃになった。 

優しさ、死、エゴ、思いやり、不安、危険性、混乱。 
私個人は無力である、という事実。 

母からメールが届く。 

「アナタにできることは、一刻も早く、帰ってくることじゃないと? 
この時期にアナタが東京におらんといかん理由はなに?」 

東京に行きたい!田舎じゃできん、色んなことをしてみたい! 

そう思って上京し、8年が経った。 

不純な欲望はほとんど満たし、途中でダンサーという夢を持ち、敗れて、イベント業界へ入った。 

その仕事は、今回のことで危うくなっている。 

「私は東京で稼ぐと!そして経済を回していくと!」 

そう言い切れない現実。 

自分の根本が、ぐらぐらと、揺さぶられている。 


被災地の悲惨な情報が、次々に入ってくる。 
一日に数回は、余震が来る。 
コンビニから食料が消え、ガソリンスタンドの列はどこまでも続く。 


「東京におらんといかん理由はなに?」 


この問いに、もはや強い理由を返せない自分がいるんだな。 

その事実が、強烈に自分を襲った。 


地元に帰る決断をした友達がいる。 
一時的に帰っている友達もいる。 


さまざまな決断のとき。 


赤十字に寄付をした。 
ぐちゃぐちゃな感情をのせて。 

会社(しいては社会)に対し何も利益を生み出せない人材である今、 
私が東京にしがみついていることは、とても無意味なことなのでは。 


毎日、いろんなキモチに揺さぶられています。