田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【小話】39 オトナができること

「決断できない」というのは、経験値の無さというより、「責任をかぶりたくない」という臆病な心の現れなんだと思う。

 

これはきっとクセだと思うから、小さな決断グセをつけてけば、大きな決断ができるようになるはず。きっと。


_______

 

昔、不器用な年上の後輩を持って悩みに悩んでた時のつぶやき。

 

期待し過ぎた(=自分の希望を勝手に相手に押し付けた)結果、この数ヶ月後にクライアントからめちゃめちゃ怒られる事態を招き、めちゃめちゃに落ち込んだ。

 

人の能力・得意不得意は30歳くらいまでで大体決まる。

 

それ以降は、「育てる」「変える」なんておこがましい事は思っちゃダメ。

 

相手をきちんと見極め、できる仕事をやってもらう。

 

オトナ相手にできることってそれだけだし、自分もそうやって判断されてくのだよなー、と学んだ出来事でした。