田舎のダメお嬢と呼ばれて

フリーライター/イベンター 地方公務員の両親のもとですくすく育ち、念願の上京。職を転々としていたダメ娘は三十路を過ぎ、「地域おこし」という夢を見つけた。★お仕事のご依頼はiwamuraakiko★gmail.com(★を@に変えて下さい)

【mixiより】(アイルランド/ロンドン/東京)ダンサーになりたかった頃の話

※2005年07月14日に書いたものに加筆してます。

f:id:iwamuraakiko:20160403154010j:plain

ロンドンで1か月間、ダンススクールに通っていた。 

アイルランド留学中にやってきた1か月の冬休み。

 

「ここにはいられない!」

 

一大決心をして、ある夜にインターネットでダンス留学を検索した。


家を探して、レポート終わらせて、親はメールで「後でお金返すから!」と説得して、1月7日、飛行機で1時間のロンドンへと旅立った。

 

ロンドンの街に行ったことはなかった。本当に右も左も分からない。

しかも「着いたら電話してください」って言われてたフラットの管理人やってる日本人の女の子と連絡がつかず、すごい不安だった。だけど彼女は地下鉄に乗ってたらしく、30分後韓国人の彼氏と一緒に「ほんとごめんね~!!」と息を切らせながら迎えに来てくれた。

 

フラットメイトは韓国人3人と日本人2人。
「シェアなんて出来るのかな?トイレとか争奪戦??」
て思ってたけど全然平気だった。 

欧米人とだとキツイ(掃除・洗い物しないとか)って聞くけどアジア人てやっぱりキレイ好きやなぁ・・・いいことだなぁ。

 

次の日からダンス生活が始まった。

 

月曜日~土曜日まで、週6でスクールに通った。

朝起きて、地下鉄乗って、スクール着いて、踊って、サンドイッチ食べて、踊って、帰って、寝る。

ほんとに毎日その繰り返しで1か月が過ぎた。友達は一人も出来なかった。レッスン出て、たまに前とかで踊って、終わったら即効で帰るか3階のカフェ直行で振りメモってる、はたからみたら変な東洋人だったはず、、

 

アッシャー、ミッシーなんかと仕事してる先生達、本気でダンサー目指して集まってる生徒達。初めての世界で、刺激的で、楽しくて。HIPHOP中心に、フリースタイル、JAZZ、マイケルジャクソンスタイルとやらのクラスまで、取れるだけ取った。

 

2月にアイルランドに帰って、その刺激の無さに落胆した。
スクールを探して、2つかけもちで通ったけれど、やっぱりロンドンに比べたらレベルも熱気も天と地との差があって。

 

あの1か月で、私の中でダンスに対する情熱が劇的に上がったのだった。

--------------------------------------

●ロンドンのコベントガーデン(当時は日本で言う代官山みたいだった。)にあったスタジオ。

www.pineapple.uk.com

------------------------------------

その後、私は帰国し、大学卒業してフリーターになった。

当時一番大手だったダンス掲示板で相方を募集し、都内でダンサー活動開始。

 

相方が曲を選び、二人で振りを考える。

お互いに人脈を広げて、ショーケースで出られる場所を増やしつつ、

本番前は東中野のレンタルスタジオで深夜練習。

全然振りが浮かばずに吐きそうになったり、相方と喧嘩をしたりしながらショーを作るのは、辛かったけれど、楽しかった。

でも結局、プロのレベルには行けなくて。

 

お笑いの世界に似ているのだろうか?

組んでいた当時は、相方と二人で遊ぶ、みたいなことなかったなぁ。。。

(今は良い友達になっています)

 

25歳で辞めるまでちゃんと没頭したからこそ、今でも愛を持って業界を見られるのだと思う。

あと、踊りやラップや歌や曲が純粋に好きな人たちと出会ってきたのもある。

 

今現在、都内ではクラブ撲滅運動がさかんだけれど、遊び方や場所が違うだけで、普通に「好き」なだけなのになと思う。

サッカー好きです、映画好きです、と変わらない。

知らない事柄が多いとすぐ人間は排除をしたがる。

これは非常に悲しいし無意味だ。

 

今、日本のダンサーレベルは格段に上がっている。「丁寧さ」がプラスされた日本人のダンスは、ダイナミック押しの海外ダンサー(コントロールすべき身体自体が大きいから仕方ないのだけれど)を押しのけて、きっとこれからますます飛躍するはずだ。

 

楽しみすぎる。

www.youtube.com